忍者ブログ
冷え性
19 . August
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

30 . April
体が冷え(冷えを改善するためには、口に入れるもの、つまり、食生活と生活習慣を見直す必要があります)るというものは人間の体にとって非常に良くないことであり、冷え(最近では低体温の人が増えているといわれています。人間の平熱は本来36.5℃で、これは酵素が最も活発に働く温度でもあります)ることにより新陳代謝の低下や血行不良(血液の循環が良くないことをいいます)を引き起こして、頭痛(安易に頭痛薬に頼りすぎるのはよくありません。

生活習慣や体の歪みなどを改善することで起こらなくなる場合もあります)や腹痛、生理不順(本来なら一定の周期で起こるはずの生理が不定期になってしまうことをいいます)、肌荒れ(肌が荒れてカサカサしている状態をいいます)など、体の色々なところに悪い症状が出ます。これを冷え性(日頃の服装や生活習慣を見直すことで改善できるでしょう)と言って、主に寒い時期に沢山の女性が経験する症状です。この冷え性(日頃の服装や生活習慣を見直すことで改善できるでしょう)によって引き起こされる症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)の一つとして、むくみ(漢字では浮腫みと表記し、「浮腫・ふしゅ」ともいわれます)といったのがあります。

実は、冷え性(漢方薬やサプリメントなどで改善できることもあります)とむくみ(なるべく温かいものを飲む、夜は水分の摂取量を控えるなどの対策もあります)は非常に関連性が深く、冷え性になるという事は体が浮腫みがちになってなるといっていいほど、冷え性とむくみ(浮腫みと表記しますが、浮腫・ふしゅということもあります)はセットで考えられています。そもそもむくみというのは、体の新陳代謝(体の部位によって入れ替わる速度が違いますが、三ヵ月程度で全ての細胞が新しくなります)の低下によって体の中のリンパの働きが鈍り、それによって体内の水分(あるものに含まれている水のことです)コントロールがうまく調整出来ず、手や足や顔がパンパンに膨れてしまうことをいいます。それと同時に、血行不良も引き起こします。

ですので、冷え性(誤ったダイエットが原因で栄養失調になり、冷え性になってしまうこともあります)になってしまうと、これらの事が体内で起こってしまうため、その結果としてむくみにつながるのです。そして、さらに細かくいうと、このむくみが起こりがちな人の多くは末端冷え性の人です。末端冷え性(手足などが冷えることをいいます)というのは、手先や足先が非常に冷え(最近では低体温の人が増えているといわれています。人間の平熱は本来36.5℃で、これは酵素が最も活発に働く温度でもあります)てしまい、自分がそれ程寒いと思っていなくても、手や足が冷え(夏でも冬でも極力体を冷やさないように心掛けることで、免疫力が上がり、健康な体を維持できるでしょう)ている状態のことを言います。

これは血行不良(運動をしたり、サプリメントを利用することで改善できます)によって、手や足の末端の血管まで上手に血液が届かず、冷え(夏でも冬でも極力体を冷やさないように心掛けることで、免疫力が上がり、健康な体を維持できるでしょう)を引き起こし、むくみ(水分や塩分の摂り過ぎ、血行不良、筋力不足などが原因になる他、内臓疾患が原因で起こることもあります)を発症してしまっているわけですからす。手や足が冷え(朝起きて、お腹を触ってみて、冷たいと感じるようなら内臓が冷えてしまっています。

疲れやすさやどこかしらの不調を感じていることでしょう)ているからと言って、一時的に手や足を温めても根本的な部分は治らないものです。末端冷え性(内臓の冷えが原因で起こるそうです)を治すには、まず、身体の中から温め、血行を良くすることが非常に大切になります。血行が良くなれば、自然とむくみ(水分や塩分の摂り過ぎ、血行不良、筋力不足などが原因になる他、内臓疾患が原因で起こることもあります)も和らぎます。http://siryoku123.sblo.jp/
PR
28 . April
冷え性になってしまった場合ぐっすり眠れなかったり、肩こりや腰痛がひどくなったりと、体中にさまざまな症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)が出てきます。そして、冷え性を放っておくと、症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)がますます酷くなり、体調不良(独特のファッションを好むことが多いようです)が続いてしまうのです。

この冷え性(女性に多くみられる症状で、頭痛や肩こり、免疫力低下、不眠などが起こります)は女性に多い症状で、高齢になるにつれて冷え性(万病の元ともいわれますが、西洋医学では病気だとはみなされません)の症状を訴える方は増えて、75歳以上の女性の8割が冷え性のようです。加齢によって血管が収縮し、血行不良(冷え性や免疫力の低下にも繋がるでしょう)が起こり易いことから、冷え性(誤ったダイエットが原因で栄養失調になり、冷え性になってしまうこともあります)を引き起こしてしまうになるものです。

この血行不良(冷え性や免疫力の低下にも繋がるでしょう)によっても引き起こされる冷え性の一種に、末端冷え性と言うものが存在します。末端冷え性と言う物は、体は温かいのに手足の先が冷たくなっている状態のことを言います。これは手足の先の毛細血管(一層の内皮細胞だけで構成されています)まで上手に血液が回っておらず、自らの体の温度と外気の温度の調整がうまくいかなくなってしまうために起こります。その結果、上手く睡眠がとれなかったり、寝付けなかったりするのです。また、血行不良(運動をしたり、サプリメントを利用することで改善できます)になってしまったら細胞の働きが衰え、肌荒れやニキビ(成人していると、ニキビではなく吹き出物と表現することが多いでしょう)などの肌トラブル(悪化する前に、皮膚科を受診するのも一つの方法です)のもとにもなってしまいます。

この末端冷え性は、ただやみくもに手足をお湯で温めるだけでは改善されず、一時的に温かくなってもまたすぐに冷えてしまいますよね。なぜかっていえね、手足の先は一番心臓から遠い位置にありますから、一時的に手足を温めても根本的な解決にはならないからです。取り合えず、内臓がある体の中心部を温めることが効果的です。人の体はまず内臓から温めようとするので、内臓が冷えていては手足の先まで血液が行き渡りないのです。末端冷え性の疑いがあるためあれば、まずはお腹から温めることをお勧めします。http://hrmeshop.blogoo.ne.jp/e1402625.html
25 . April
冷え性(生活習慣を改善することで治すことができるといわれています)は、冬の寒い時期や人によってはエアコン(冷房だけの機能のものと冷暖房が可能なものがあります)などといったせいで夏の暑い時期でも、血行不良により手先や足先などが冷たくなってしまったりする症状です。冷え性から頭痛や腹痛、腰痛、肩こり(初期症状で対処しないと、どんどん悪化して、頭痛の原因にもなりかねません)、肌荒れなんかの不調が起こることもあるでしょう。

男性よりも女性(戦後強くなったなんていわれますが、逆に男性が弱くなったのかもしれません)に多くみられる症状だというのも、冷え性の特徴の一つでしょう。一般的に言われる冷え性とは、このように自覚症状があらわれますが、このような自覚症状が出ない冷え性(生活習慣を改善することで治すことができるといわれています)があります。この自覚症状が出ない冷え性のことを「かくれ冷え性(体の末端が常に冷えた状態であることです)」というのです。

かくれ冷え性(日頃の服装や生活習慣を見直すことで改善できるでしょう)の特徴としては、手先や足先は温かく、冷え性でよくある症状はこれといって出てこないのですが、実は内臓の温度が非常に下がっているかもしれません。内臓の温度が下がり、それを放置しておくと、内臓の疾患に繋がって体に悪影響(青少年への影響が懸念されることが多いものですが、実際にはそれほど影響がないことも)をもたらします。内臓の温度が下がっていても、自覚症状が出ありませんので自分がかくれ冷え性だと気づかず、そのまま放っておいている人も多いものです。

では、かくれ冷え性(漢方薬やサプリメントなどで改善できることもあります)であると自覚するには、どんな風に見分ければよいですね。顔色が悪いかどうか、肩が異常に凝っている、肌トラブルがひどい、体のむくみ(顔や手足の細胞組織に水分が溜まって腫れることをいいます)がある、胃腸の調子が悪い、寝つきが良くなく充実した睡眠がとれないなど。こういう症状が出ていれば、かくれ冷え性である可能性があります。また、朝起きた時にお腹や大腿部が脇よりも冷たいと感じるのであれば、かくれ冷え性(万病の元ともいわれますが、西洋医学では病気だとはみなされません)の可能性が高いのではないでしょうか。

腹部や太ももというのは、体の中でも熱を発しやすい場所です。健康体であれば常に温かい場所ですので、その部分が冷え(最近では低体温の人が増えているといわれています。人間の平熱は本来36.5℃で、これは酵素が最も活発に働く温度でもあります)ているということは、血行不良をおこしているということになります。隠れ冷え性の症状がみられる場合は、生活習慣(生活する上での習慣をいいます)を見直し、改善していくようにしましょう。
24 . April
冷え性(日頃の服装や生活習慣を見直すことで改善できるでしょう)になったのであれね、腹痛や肩こり(眼精疲労や更年期障害、冷え性、歯の噛み合わせ、体をしめつける下着などが原因で起こることも少なくありません)(頭痛や?痛などを伴うことも珍しくありません。肩に限ったことではなく首や背中がこっていることも多いです)、頭痛、生理不順、肌荒れなど、様々な症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)が出てきてしまいます。これは体の内部が冷えることにより、血液の巡りが悪くなり、さらにも新陳代謝(細胞の入れ替わりは若い頃は速度が速く、年を取ると遅くなっていくものです)を悪くさせ、その結果として、このような症状へとつながってしまいますね。

それに、冷え性(体の末端が常に冷えた状態であることです)の人には、寝つきが悪い、充実した睡眠が取れない、眠りが浅いなど、不快な睡眠(個人差はありますが、七時間以上八時間未満の睡眠が最も長生きするという研究結果もあります)が続くという人が多いようです。実は、冷え性(万病の元ともいわれますが、西洋医学では病気だとはみなされません)と睡眠(眠ることは、脳や体を休ませるために必要不可欠です)には深く関わっている部分があります。人が眠気を感じたり、逆に眠気を感じないというのを判断するのは体温(ごく短時間で耳測定できる体温計も売られています)の上がり下がりで、体がおのずと判断して、それによって眠気などを引き起こします。

冷え性ではない健康体の人は、夜になると体温が下がって眠くなり、朝になって起きるとだんだん体温(脇の下や舌下、耳、直腸などで測定します)が上昇して眠気を感じなくなります。でも、冷え性の人はこの体温(ごく短時間で耳測定できる体温計も売られています)調節が上手く出来ず、夜になっても体温(体の温度のことですね)が下がりにくくなり、なかなか眠りにつけないと言った状態になってしまうようです。体温(脇、口、耳などで測ることができます。測る箇所や体温計の方式によって所要時間が変わってくるでしょう)調節が上手くできない原因として、冷え性による血行不良(運動をしたり、サプリメントを利用することで改善できます)にあります。

ですので、心地よく快適に眠るには、冷え性(体の末端が常に冷えた状態であることです)を治さなくてはなりません。冷え性の原因は人それぞれですよねが、主に運動不足、日々の食事習慣や過ごし方にあります。特に、睡眠(食事をとれないことよりも、眠れないことの方がつらいとされており、心身に不具合が生じるでしょう)時の冷えの原因として、運動不足と日中過ごしている環境が影響します。毎日、適度に運動し、職場や家でずーっとエアコンにあたっているのではなく、なるべく外気に近い室温にするように心がけてください。また、体を冷やすような食べ物は避け、可能な限り温かいもの、体を温めるものを食べてください。
http://koshugairai.blog.wox.cc/
22 . April
冷え性とは、特に寒くなくても手足が常に冷たかったり、腰やお腹が常に冷え(最近では低体温の人が増えているといわれています。人間の平熱は本来36.5℃で、これは酵素が最も活発に働く温度でもあります)ていたりする症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)で、冷え性は血行不良(冷え性や免疫力の低下にも繋がるでしょう)とも言われ、主に女性(ヒット商品やブームを生み出すには、ウケを狙う必要があるでしょう)に多くみられるでしょう。また、冷え性は冬の寒い時期に限らず、夏の暑い時期でも常にエアコン(冷房だけの機能のものと冷暖房が可能なものがあります)の効いた部屋にいたりすると冷え性を引き起こしてしまいます。

そもそも冷え性(万病の元ともいわれますが、西洋医学では病気だとはみなされません)とは、もともとの人の体質によっても引き起こされるものではなく、その原因の多くは生活習慣にあります。ですから、冷え性(体の末端が常に冷えた状態であることです)を改善するには、いつもの暮らし習慣を見直し、改善していかなくてはなりません。まず、食生活ですが、近年では食の欧米化が進み、肉中心の食事が多くなってきています。肉やハム、ソーセージなどといった加工品は体を冷やす効果があるため、避けたい食品となっています。

体を温める効果があった野菜(不足がちだといわれていますね。でも、市販の野菜ジュースではあまり栄養素が摂れないという説もあります)類や豆類、穀物類などをできるだけ多く摂るように心がけ、冷え性を改善しましょう。次に、体を動かす事も、冷え性を改善する為に非常に重要なと言う事なんです。運動を行うことによって新陳代謝がよくなり、血行もよくなります。誰にでもできるウォーキングなどから始めて、日々体を動かすことを心がけましょう。また、体を入浴(最近では、全身ではなく、下半身だけ浸かる半身浴も流行していますね)などで温めることも血行を良くすることにつながります。

仕事などで忙しく、入浴(お風呂に入るだけでなく、水や水蒸気を浴びて体を清潔に保つことをいうようです)はシャワーだけと言う人も少なくないでしょうけど、きちんとお湯を張り、40度前後の適度な温度で全身を温めれば血行促進に効果があり、冷え性の改善にもつながるのです。それに、しっかりと睡眠をとることも重要となってきます。冷え性(誤ったダイエットが原因で栄養失調になり、冷え性になってしまうこともあります)の人ですぐに寝付けなかったり、眠れないという人が多いんですが、それは体が温まっていないと言う証拠となります。

きちんとした睡眠(食事をとれないことよりも、眠れないことの方がつらいとされており、心身に不具合が生じるでしょう)をとるには体を温めることが重要で、湯たんぽや電気毛布などで体を温めると非常に効果的です。
Powered by NINJA BLOG  Designed by PLP
忍者ブログ / [PR]