忍者ブログ
冷え性
23 . June
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

24 . April
冷え性(日頃の服装や生活習慣を見直すことで改善できるでしょう)になったのであれね、腹痛や肩こり(眼精疲労や更年期障害、冷え性、歯の噛み合わせ、体をしめつける下着などが原因で起こることも少なくありません)(頭痛や?痛などを伴うことも珍しくありません。肩に限ったことではなく首や背中がこっていることも多いです)、頭痛、生理不順、肌荒れなど、様々な症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)が出てきてしまいます。これは体の内部が冷えることにより、血液の巡りが悪くなり、さらにも新陳代謝(細胞の入れ替わりは若い頃は速度が速く、年を取ると遅くなっていくものです)を悪くさせ、その結果として、このような症状へとつながってしまいますね。

それに、冷え性(体の末端が常に冷えた状態であることです)の人には、寝つきが悪い、充実した睡眠が取れない、眠りが浅いなど、不快な睡眠(個人差はありますが、七時間以上八時間未満の睡眠が最も長生きするという研究結果もあります)が続くという人が多いようです。実は、冷え性(万病の元ともいわれますが、西洋医学では病気だとはみなされません)と睡眠(眠ることは、脳や体を休ませるために必要不可欠です)には深く関わっている部分があります。人が眠気を感じたり、逆に眠気を感じないというのを判断するのは体温(ごく短時間で耳測定できる体温計も売られています)の上がり下がりで、体がおのずと判断して、それによって眠気などを引き起こします。

冷え性ではない健康体の人は、夜になると体温が下がって眠くなり、朝になって起きるとだんだん体温(脇の下や舌下、耳、直腸などで測定します)が上昇して眠気を感じなくなります。でも、冷え性の人はこの体温(ごく短時間で耳測定できる体温計も売られています)調節が上手く出来ず、夜になっても体温(体の温度のことですね)が下がりにくくなり、なかなか眠りにつけないと言った状態になってしまうようです。体温(脇、口、耳などで測ることができます。測る箇所や体温計の方式によって所要時間が変わってくるでしょう)調節が上手くできない原因として、冷え性による血行不良(運動をしたり、サプリメントを利用することで改善できます)にあります。

ですので、心地よく快適に眠るには、冷え性(体の末端が常に冷えた状態であることです)を治さなくてはなりません。冷え性の原因は人それぞれですよねが、主に運動不足、日々の食事習慣や過ごし方にあります。特に、睡眠(食事をとれないことよりも、眠れないことの方がつらいとされており、心身に不具合が生じるでしょう)時の冷えの原因として、運動不足と日中過ごしている環境が影響します。毎日、適度に運動し、職場や家でずーっとエアコンにあたっているのではなく、なるべく外気に近い室温にするように心がけてください。また、体を冷やすような食べ物は避け、可能な限り温かいもの、体を温めるものを食べてください。
http://koshugairai.blog.wox.cc/
PR
Powered by NINJA BLOG  Designed by PLP
忍者ブログ / [PR]