忍者ブログ
冷え性
21 . February
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

22 . April
冷え性とは、特に寒くなくても手足が常に冷たかったり、腰やお腹が常に冷え(最近では低体温の人が増えているといわれています。人間の平熱は本来36.5℃で、これは酵素が最も活発に働く温度でもあります)ていたりする症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)で、冷え性は血行不良(冷え性や免疫力の低下にも繋がるでしょう)とも言われ、主に女性(ヒット商品やブームを生み出すには、ウケを狙う必要があるでしょう)に多くみられるでしょう。また、冷え性は冬の寒い時期に限らず、夏の暑い時期でも常にエアコン(冷房だけの機能のものと冷暖房が可能なものがあります)の効いた部屋にいたりすると冷え性を引き起こしてしまいます。

そもそも冷え性(万病の元ともいわれますが、西洋医学では病気だとはみなされません)とは、もともとの人の体質によっても引き起こされるものではなく、その原因の多くは生活習慣にあります。ですから、冷え性(体の末端が常に冷えた状態であることです)を改善するには、いつもの暮らし習慣を見直し、改善していかなくてはなりません。まず、食生活ですが、近年では食の欧米化が進み、肉中心の食事が多くなってきています。肉やハム、ソーセージなどといった加工品は体を冷やす効果があるため、避けたい食品となっています。

体を温める効果があった野菜(不足がちだといわれていますね。でも、市販の野菜ジュースではあまり栄養素が摂れないという説もあります)類や豆類、穀物類などをできるだけ多く摂るように心がけ、冷え性を改善しましょう。次に、体を動かす事も、冷え性を改善する為に非常に重要なと言う事なんです。運動を行うことによって新陳代謝がよくなり、血行もよくなります。誰にでもできるウォーキングなどから始めて、日々体を動かすことを心がけましょう。また、体を入浴(最近では、全身ではなく、下半身だけ浸かる半身浴も流行していますね)などで温めることも血行を良くすることにつながります。

仕事などで忙しく、入浴(お風呂に入るだけでなく、水や水蒸気を浴びて体を清潔に保つことをいうようです)はシャワーだけと言う人も少なくないでしょうけど、きちんとお湯を張り、40度前後の適度な温度で全身を温めれば血行促進に効果があり、冷え性の改善にもつながるのです。それに、しっかりと睡眠をとることも重要となってきます。冷え性(誤ったダイエットが原因で栄養失調になり、冷え性になってしまうこともあります)の人ですぐに寝付けなかったり、眠れないという人が多いんですが、それは体が温まっていないと言う証拠となります。

きちんとした睡眠(食事をとれないことよりも、眠れないことの方がつらいとされており、心身に不具合が生じるでしょう)をとるには体を温めることが重要で、湯たんぽや電気毛布などで体を温めると非常に効果的です。
PR
Powered by NINJA BLOG  Designed by PLP
忍者ブログ / [PR]