忍者ブログ
冷え性
23 . June
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

30 . April
体が冷え(冷えを改善するためには、口に入れるもの、つまり、食生活と生活習慣を見直す必要があります)るというものは人間の体にとって非常に良くないことであり、冷え(最近では低体温の人が増えているといわれています。人間の平熱は本来36.5℃で、これは酵素が最も活発に働く温度でもあります)ることにより新陳代謝の低下や血行不良(血液の循環が良くないことをいいます)を引き起こして、頭痛(安易に頭痛薬に頼りすぎるのはよくありません。

生活習慣や体の歪みなどを改善することで起こらなくなる場合もあります)や腹痛、生理不順(本来なら一定の周期で起こるはずの生理が不定期になってしまうことをいいます)、肌荒れ(肌が荒れてカサカサしている状態をいいます)など、体の色々なところに悪い症状が出ます。これを冷え性(日頃の服装や生活習慣を見直すことで改善できるでしょう)と言って、主に寒い時期に沢山の女性が経験する症状です。この冷え性(日頃の服装や生活習慣を見直すことで改善できるでしょう)によって引き起こされる症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)の一つとして、むくみ(漢字では浮腫みと表記し、「浮腫・ふしゅ」ともいわれます)といったのがあります。

実は、冷え性(漢方薬やサプリメントなどで改善できることもあります)とむくみ(なるべく温かいものを飲む、夜は水分の摂取量を控えるなどの対策もあります)は非常に関連性が深く、冷え性になるという事は体が浮腫みがちになってなるといっていいほど、冷え性とむくみ(浮腫みと表記しますが、浮腫・ふしゅということもあります)はセットで考えられています。そもそもむくみというのは、体の新陳代謝(体の部位によって入れ替わる速度が違いますが、三ヵ月程度で全ての細胞が新しくなります)の低下によって体の中のリンパの働きが鈍り、それによって体内の水分(あるものに含まれている水のことです)コントロールがうまく調整出来ず、手や足や顔がパンパンに膨れてしまうことをいいます。それと同時に、血行不良も引き起こします。

ですので、冷え性(誤ったダイエットが原因で栄養失調になり、冷え性になってしまうこともあります)になってしまうと、これらの事が体内で起こってしまうため、その結果としてむくみにつながるのです。そして、さらに細かくいうと、このむくみが起こりがちな人の多くは末端冷え性の人です。末端冷え性(手足などが冷えることをいいます)というのは、手先や足先が非常に冷え(最近では低体温の人が増えているといわれています。人間の平熱は本来36.5℃で、これは酵素が最も活発に働く温度でもあります)てしまい、自分がそれ程寒いと思っていなくても、手や足が冷え(夏でも冬でも極力体を冷やさないように心掛けることで、免疫力が上がり、健康な体を維持できるでしょう)ている状態のことを言います。

これは血行不良(運動をしたり、サプリメントを利用することで改善できます)によって、手や足の末端の血管まで上手に血液が届かず、冷え(夏でも冬でも極力体を冷やさないように心掛けることで、免疫力が上がり、健康な体を維持できるでしょう)を引き起こし、むくみ(水分や塩分の摂り過ぎ、血行不良、筋力不足などが原因になる他、内臓疾患が原因で起こることもあります)を発症してしまっているわけですからす。手や足が冷え(朝起きて、お腹を触ってみて、冷たいと感じるようなら内臓が冷えてしまっています。

疲れやすさやどこかしらの不調を感じていることでしょう)ているからと言って、一時的に手や足を温めても根本的な部分は治らないものです。末端冷え性(内臓の冷えが原因で起こるそうです)を治すには、まず、身体の中から温め、血行を良くすることが非常に大切になります。血行が良くなれば、自然とむくみ(水分や塩分の摂り過ぎ、血行不良、筋力不足などが原因になる他、内臓疾患が原因で起こることもあります)も和らぎます。http://siryoku123.sblo.jp/
PR
Powered by NINJA BLOG  Designed by PLP
忍者ブログ / [PR]