忍者ブログ
冷え性
21 . February
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

22 . April
冷え性(女性に多くみられる症状で、頭痛や肩こり、免疫力低下、不眠などが起こります)というのは主に女性によく見られる症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)で、最近だと寒くなる冬の時期だけでなく、一年を通して冷え性(日頃の服装や生活習慣を見直すことで改善できるでしょう)の症状を訴える人が多くなってきました。

冷え性(生活習慣を改善することで治すことができるといわれています)とは血行不良(冷え性や免疫力の低下にも繋がるでしょう)ともいい、たいして寒くもないのに手先や足先がひんやりと冷たくなってしまったり、お腹や腰も常に冷えている状態であったりという症状で、人それぞれに症状の出方や症状の重さはそれぞれです。では、そもそも冷え性はなんで起ってしまうのでしょう。それには、複数の原因(どうがんねってもわからないことも少なくありません)が考えられるでしょう。まずは、血液が汚れてしまい、どろどろになっていることが挙げられます。

脂っこい食事や味の濃い食事ばかり摂っていると、中性脂肪や糖が本来排出されるべき肝臓や腎臓で処理されず、血液の中に残ってしまうのが要因で血液が汚れてしまいます。血液がドロドロに汚れてしまうと、血行が悪くなり、その結果として、末端の手先や足先まで血液が届かなくなって、冷え性を引き起こしてしまうのです。また、血液のドロドロに限らず、過度のストレスにより血行不良(自律神経の乱れや運動不足など、様々な要因が考えられます)が起こってしまうはずです。

気分が高揚したり心配事をしていると、自律神経(交感神経系と副交感神経系で構成されているようです)の働きにより血管が収縮します。それに、ストレスなどであまり体を動かさなかったり、同じ姿勢を続けていると筋肉が凝ってしまい、血行不良(冷え性や免疫力の低下にも繋がるでしょう)に陥ります。それに、日常での運動不足でも冷え性(万病の元ともいわれますが、西洋医学では病気だとはみなされません)を引き起こします。特に歩くことは非常に大切で、歩くことで血液循環(ウイリアム・ハーベーが1628年に血液循環説を唱えるまでは、血液は肝臓で作られて各器官で消費され、循環するとは思われてなかったそうです)が良くなります。

併せて運動を行う事は筋肉をほぐすことにもつながるので、冷え性(体の末端が常に冷えた状態であることです)を防ぐにはなるべく運動をする事が大切になります。その上、体質以外の原因で、水分の摂取しすぎでも冷え性(誤ったダイエットが原因で栄養失調になり、冷え性になってしまうこともあります)になってしまいます。特に冷たいものを摂取し過ぎると胃腸機能が低下しやすく、大量の水分で冷え性(体の末端が常に冷えた状態であることです)を引き起こしてしまうのです。http://beaunus.ldblog.jp/archives/25905040.html
PR
Powered by NINJA BLOG  Designed by PLP
忍者ブログ / [PR]